2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従量制復活への道

ネットのヘビーユーザーに課金? 総務省、SNS利用の懇談会立ち上げ
http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITbe000015112006

 総務省は15日、インターネットのインフラコストの公平な負担やインフラ利用の公平性についてのルールを議論する懇談会を立ち上げた。通信事業者(キャリア)が映像などブロードバンドコンテンツの提供者に利用帯域に応じたインフラコストの負担を求めたり、特定のサービスやコンテンツを優先したりすることが想定されるなか、ネットの「中立性」のあり方を検討する。月1度の会合に加えて、委員やオブザーバーがSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でネット上で議論し、来年7月末に報告書をまとめる。
(中略)
 コスト負担問題については、あるISP(ネット接続事業者)の1日のトラフィックにおけるブロードバンドコンテンツの占有率を例示。ファイル交換ソフトなどP2P(ピア・ツー・ピア)サービスによるトラフィックが急増したことで、今年4月時点で下りの利用可能な帯域の90%近くが使われてしまっていること、時間帯に関わらずP2Pの比率が高くなっていること、上りのトラフィックも80%を超える場合があることなどを指摘した。谷脇氏はブロードバンドコンテンツ配信事業者や利用者がコスト負担するのか、技術革新で補うのかなどの論点があると語った。
(後略)


P2Pがやり玉に挙がっています。違法行為なところもあり、一般人でも批難しやすいサービスですから仕方ないのかもしれません。
しかしそれを排除しても、「定額制・使い放題」「動画配信開始」とかなんとかサービス提供者側がやっているブロードバンドが必要なコンテンツが問題になることは間違いないところでしょう。
その後はなんでしょう、従量課金制の復活ですか。
個人的には、ダブル定額のように一定使用量をこえたら従量課金でもいいかなと思います。

ところで、インターネットのインフラコストの公平な負担やインフラ利用の公平性についてということは、当然企業も対象になるのですよね。
各携帯電話会社や毎月パッチを出しているマイクロソフトなんて、結構な支払いになりそうなんですが。

今回の資料はこちら。

ネットワークの中立性に関する懇談会(第1回)配布資料(PDF)
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/network_churitsu/060115_2.html

こういった会合の資料配付にもインターネット使ってますね。
当然、コスト負担の対象になりますよね?

-----

捏造情報対策リンク

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
kumdo komdo gumdo geomdo
kumdo komdo gumdo geomdo
The illegal occupation of Dokdo by the Republic of Korea
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://choreboy.blog35.fc2.com/tb.php/559-5b98018c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

雑用係

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。