2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代の慰安婦

第二次世界大戦中の従軍慰安婦がいたとされる問題で日本にたかっているのではありません。
現在の朝鮮人が朝鮮人を騙して慰安婦事業に精を出しているのです。

韓国人運営のマッサージショップに性的サービスが横行
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=80534&servcode=400%81%98code=400

サンフランシスコ・クロニクル紙は、サンフランシスコ付近で運営中のマッサージショップが性的サービスを行なっており、マッサージ師の相当数が韓国人だと報じた。
同紙は今月6日付けで韓国の売春実態を詳しく紹介したのに続き、8日から10日までの特集記事を通じて、女子大生出身のキム・ユミさん(仮名)が業者に騙されてロサンゼルスとサンフランシスコなどで売春行為を行なってきたストーリーを、「性奴隷の日記」という見出しで伝える予定だ。
同紙は関係者約100人へのインタビューを通じて確認した韓国人の人身売買行為について「非常に組織的であり、カナダとメキシコの国境地帯を通じて主に夜間に歩いて、または車両に乗って米国入りしたり、学生のビザ(査証)などを使って合法的に入国しているとし、その相当数が監禁された状況で殴打、性的暴行に苦しめられたり、整形手術を強いられている」と報じた。
現在、キム・ユミさんは米政府が人身売買被害者に発給する特別ビザを得ており、新聞とのインタビューで、一部アジア出身のマッサージ師が国際人身売買組織によって犠牲になっているとの事実を明らかにし、その実態を把握してほしいと語った。


整形手術は、朝鮮人の得意技の一つですからね。
レイプは韓国の国技らしいですよ。www

関連して(?)こんな記事もありました。

韓国人女性8000人、米国で‘遠征売春’
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=77026&servcode=400%81%98code=400

米コネチカット州南部のウォーターバリーで6月2日午後9時、韓国人女性33人が逮捕された。
ウォーターバリーの警察関係者は「マッサージ店で売春が行われているという情報を入手し、2カ月間にわたり捜査を続けてきた」とし、「韓国人マッサージ店が急増している」と述べた。
米国内で不法滞在中の韓国人女性による売春が社会問題に浮上している。 韓国情報当局は「ロサンゼルス市警察局は、売春が疑われる韓国人女性の流入規模が04年以降、8000人にのぼると推定している」と明らかにした。
特に、政府は「国内で売春取り締まりが強化されたことで、カナダやメキシコ経由で米国に密入国する遠征売春が急増している」とし、その原因の一つに04年9月発効の「性売買根絶特別法」を挙げている。一方を押さえるともう一方が膨らむという、性売買特別法の‘風船効果’を実感させている。

◆米国内「反韓流」の主犯=昨年6月30日、400人余で構成された米連邦捜査局(FBI)・国土安全保障省・警察の合同取り締まり班は、ロサンゼルスとサンフランシスコで、売春容疑女性150人など計192人の韓国人を逮捕した。
今年に入ってもニューヨーク州・バージニア州など韓国人密集地域で、韓国人女性が売春容疑で相次いで逮捕されている。 ロサンゼルス警察局の関係者は「毎月逮捕される70-80人の売春女性のうち9割が韓国人」と話す。
韓国人女性の売春は最近、同胞密集地域を抜け出して米中部内陸まで広がっており、米司法当局が注視している。 さらにはマンションで売春が摘発されることもあり、一部の米国人は韓国人女性の入居を拒否するなど反韓情緒も生じていると、情報当局は明らかにした。
米国土安全保障省・移民税関取り締まり局のカイス公報担当官は電話で、「こうした売春は、移民法違反・マネーロンダリング(資金洗浄)・人権じゅうりんなどの側面で米国的価値を脅かすものだ」と語った。

◆韓米ビザ免除協定にも影響=米国務省は3月、05年度人権報告書の韓国パートで「米国に入国(カナダ・メキシコ経由を含む)した韓国人女性が性的搾取のため人身売買されている」と記述した。
政府もこの問題を深刻に受け止め、対策づくりに着手した。4月には外交通商部(外交部)・法務部・検察庁・警察庁などに遠征売春を防止のための協議機構を設置したのに続き、国際司法との協調も強化している。05年以降、韓国・米国・カナダの3カ国は、売春容疑者に対する旅券発給制限や捜査協力などを議論する共同協議体を稼働した。
特に、政府は韓米ビザ免除協定に及ぼす影響を憂慮している。駐韓米国大使館のカービー総領事は最近、米国内の韓国人女性が売春容疑で逮捕された事件を取り上げながら、「ビザ免除国になるには韓国に対する米国人の認識が重要だが、心理的に影響を及ぼしうる」と指摘した。
外交部の当局者は「ビザ免除プログラムに加入するには、国土安全保障省の審査を経て米国議会の決定が必要」とし、「議員が遠征売春などで韓国に否定的認識を持った場合、問題を提起することも考えられる」と語った。


アメリカも相互ビザ免除の動きがあるのですね。「ビザ免除国になるには韓国に対する米国人の認識が重要」みたいですが。
ビザ免除した日本に来て犯罪を多発させている状況を見れば、ビザ免除の動きは当分無いと思います。
日本もビザ免除やめましょう。

他、こんな記事もあるそうです。
http://search.jp.chosun.com/?c=sjis&q=%94%83%8Ft

・韓国人による海外での買春・売春、摘発時には旅券没収も
・売買春摘発、ソウルだけで4594人
・北に個人宿泊業者数千個が盛行 売春行為も
・性売買特別法施行から1年・・・「店は減少、買春男性は増加」



-----

おまけ:よくわかる従軍慰安婦問題

▼従軍慰安婦について簡単なお話

 ① 「日本が国策として売春を強制した」という証拠は、被害者(自称)の証言以外には「一切」提示されていない。
 ② 一方で、「カネのために 親に身売りされる or 自発的に 売春婦になった」というケースが数多く存在する。
 ③ ちなみに、「自分から望んでカネのために売春婦になる」女性は、時代・国を問わず多く存在する。 
 ④ さらに当時は、「公娼制度」 ──つまり現在と違い、「売春が職として公認されていた時代」だった。
 ⑤ 実際、当時は「女衒」と呼ばれる売春業の仲介業者が「朝鮮半島で」公然と存在していた。
 ⑥ また戦時中は売春嬢の需要は高く、「売春婦は高給取り」であった。
 ⑦ そして、当時は日本を含めアジア全体が貧しかった。

▼少し細かいお話

 Ⅰ 従軍慰安婦という言葉を作ったのは韓国人ではなく日本人、千田夏光氏。
 Ⅱ 曰く、「挺身隊として動員された朝鮮人女性20万人のうち5~7万人が慰安婦にさせられた」
 Ⅲ 「挺身隊」とは? → 軍需工場などへ勤労動員された者。
    しかし、挺身隊員で慰安婦になれと強制された例は「一つも」確認されていない。
 Ⅳ 吉田清治氏(第2の従軍慰安婦宣伝者)曰く、「私は韓国済州島で慰安婦にするための女性狩りを度々行った」
 Ⅴ 吉田証言に対して当時の「現地の新聞」 → 「吉田証言に該当する事実はない」
 Ⅵ さらに日本政府の調査による「公式発表」 → 「強制連行は確認されていない」 「挺身隊が慰安婦にされた例も確認されていない」
 Ⅶ しかし、前出の裏付けの無い「証言」を朝日新聞が大々的に「事実」として扱ったため韓国は事実と認定。問題は複雑化。

▼客観的事実から導き出される結論

「裏付けが一切ない証言」 を 「日本の一部マスコミが検証せずに権威付け」してしまったため、
売春でお金を稼いでいた人達と韓国政府、一部メディアといった、「引っ込みが付かなくなった連中」が、
「日本は貞淑な韓国女性を無理やり売春婦にした!謝罪と賠償を!」 と騒いでいるという話。



-----

捏造情報対策リンク

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
kumdo komdo gumdo geomdo
kumdo komdo gumdo geomdo
The illegal occupation of Dokdo by the Republic of Korea
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://choreboy.blog35.fc2.com/tb.php/535-ad6ce154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

雑用係

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。