2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君が代

前に英語詩による君が代がちょこっとだけ話題になりました。

kiss me girl and your old one
a tip you need it is years till you're near this
sound of the dead "will she know
she wants all to not really take
cold caves know moon is with whom mad and dead"


今度はこの人が「君が代」にかわる日本国の第二の国歌について言及しています。

日野原重明

朝日の記事だし朝鮮臭いなと思いましたが、スポーツ等が話題の中心なんですね。

第二の国歌をつくろう
http://www.be.asahi.com/20060826/W25/20060817TBEH0017A.html
 夏休みも残りわずかとなり、始業式が近づいてきました。寒冷地ではすでに授業が始まった学校もあるのでしょうか。

 こうした学校行事の時期がくるたび、「君が代」「日の丸」の問題が話題になります。

 20世紀以降、諸外国の多くが国旗を制定し、国際行事の際に国歌を歌うことが定着しました。特に五輪やサッカーワールドカップなど国際的なスポーツ大会が普及に一役買いました。

 とりわけ国歌は、チームのイメージを世に知らしめ、選手の愛国心や闘争心を高揚させる役割を果たしてきました。

 そういう意味では、日本の国歌とされる「君が代」は特殊な存在です。

 歌詞は、「古今和歌集」に「読み人知らず」として載っている和歌「わが君は千世に八千世にさざれ石の巌(いわお)となりて苔(こけ)のむすまで」が基になっています。「わが君は」を「君が代は」と変えたもので、明治期以降は天皇をたたえる歌とされてきました。

 これが戦後もそのまま採用されました。歌詞も曲調も古めかしく、天皇中心的です。米国やフランスの国歌と比べると、諸行事に使うには、日本の国歌はさえない印象をもつ人が特に若者たちに多いようです。戦後生まれの世代は、チームや個人をたたえる場面で天皇をたたえる国歌を歌われても、なかなかピンと来ないのでしょう。

 米国では、始業や終業時間に生徒が国旗に向かって右手を左胸に当て、国歌を斉唱する学校もあるそうです。これほど国歌を愛する国民性ですが、実はこのほかに、第二の国歌のような「America the Beautiful」という歌もあります。第2次世界大戦前によく歌われていたようです。

 そこで私は提唱したいのです。国内外の大きなスポーツ試合の時に、優勝チームや個人を表彰するのにふさわしい第二の国歌を、ぜひ日本全国から公募してほしいのです。

 公式行事には古典的な「君が代」でもいいでしょうが、若者が参加する華やかな国民行事には、「君が代」に代わる斬新な第二の国歌を全国民で歌いたいと思います。心を高揚させ、正義と友情と平和をたたえるようなもう一つの国歌を。

 私も当選は期待せずに、作詞作曲に挑戦したい気持ちでいっぱいです。たくさんの日本人が、その日を待っているに違いないと私は思うのです。


「君が代」の「君」が天皇の事であるってのは、第二次世界大戦中及び戦後の解釈の一つです。
君というのは「自分にとって大切な人」という解釈で、天皇は大君と表されます。
「君が代が天皇を賛美した大日本帝国の歌であり象徴である」としているのは、君が代が嫌いな左翼の人達やら特定アジアの人達やら在日朝鮮人在日中国人だけです。
「君=天皇」とはせずに「君=日本国」と解釈すれば、一般の日本人ならば、すんなりと受け入れられるのは間違いないと思います。
1000年以上も前からある国歌を、たかだか数十年で議論すら経ずに変えられるモノではないですよ。
国歌が認識されていないというのは、マスコミと教育の現場に問題があるのであって、国民の責任ではありません。

国歌は、チームのイメージを世に知らしめ、選手の愛国心や闘争心を高揚させる役割を果たしてきました。


他国の国歌のように長々とアップテンポにする必要はないのです。
君が代で意気高揚しないなんてのも個人の心の問題であって、曲調や歌詞の問題ではありません。
仮に新たに作詞するとしても、戦えとか殺せとかという直接暴力的な文言を使わないならば、「愛国心や闘争心を高揚」するかどうかは個人の問題となります。

歌詞も曲調も古めかしく


当たり前です。
新しければ良いというものではありません。

 私も当選は期待せずに、作詞作曲に挑戦したい気持ちでいっぱいです。たくさんの日本人が、その日を待っているに違いないと私は思うのです。


待っていません。
今後も待つことはありません。

-----

捏造情報対策リンク

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
kumdo komdo gumdo geomdo
kumdo komdo gumdo geomdo

朝鮮人のWikipedia(ウィキペディア)捏造に対抗せよ 11(2ちゃんねる)

The illegal occupation of Dokdo by the Republic of Korea
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://choreboy.blog35.fc2.com/tb.php/433-3031a283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

雑用係

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。