2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

!緊急!重要!

なんだかspam並みのタイトルですが……
内容が重要と思いますので、しばらく最上位に来るようにしています。

刑法の改正案として「サイバー犯罪条項」が審議中です。
インターネットを使ったテロ対策の為のサイバー犯罪条約批准に伴う国内法の整備、というお題目なのですが、要するにネット規制です。

先行して、「ホットラインセンター」が運営開始されました。
これは「インターネット上の違法・有害情報に関する通報をインターネット利用者から受け付ける」ものだそうです。

「どうせ規制対象は2chだけでしょ」「自分は関係ないし」とか、高をくくっていませんか?

817 :番組の途中ですが名無しです :2006/05/29(月) 20:14:40

問題点を挙げてみた

・正しい情報が得られなくなるかもしれない(知る権利の侵害)

・正当な批判ができなくなるかもしれない (言論の自由の侵害)

・自由に創作できなくなるかもしれない  (創作の自由の侵害)
  
・自由に表現できなくなるかもしれない  (表現の自由の侵害)

・特定の団体、勢力、政党の批判が出来なくなるかもしれない (結社の自由の侵害)

・憲法が保障する『通信の秘密』を侵害  (日本国憲法第21条:通信の秘密は、これを侵してはならない。 )

・電子上の著作物が取り締まられる    (日本国憲法第21条:検閲の禁止)

・ネットに問題があるというが、じゃあ具体的にその問題って何? 明確な理由の不在
 :理由はあいまいで、こじつけられて作られたものである可能性

(日本国憲法第十九条【思想及び良心の自由】 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。)

・憲法31条「適正手続きの保障」に違反しているとの指摘あり。



ざっとみただけで、これだけ問題があるんですよ。
そして、運営・審査には問題ある団体が関与しています。

エクパット東京ECPAT/ストップ子ども買春の会) ← プロテスタント原理主義団体「キリスト教矯風会」が偽装するNPO
ガーディアンエンジェルス ← たびたび統一教会などの関係が疑問視される団体。実態が不透明
(社)韓国サイバー監視団 ← 「反民族的、反国家的なサイトを削除しても表現の自由には抵触せず」というほど本国でも筋金入りの反日活動団体

まともな日本人なら、こんな致命的で稚拙で不要な用件に外国人・外国団体を関わらせてはいけません。

この問題のまとめはこちら → ネット規制問題まとめ 日付を変更しました。(2006.6.20)
スポンサーサイト

コメント

もうすこし他人の迷惑を考えてみませんか。

RSSを利用していますが、いつも上にきて、正直ウザイです。

驚いた

これはどうも。
まさかRSS利用してここを見てる人がいるとは思ってもいませんでした。
一見さんばかりだと……

修正しておきました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://choreboy.blog35.fc2.com/tb.php/278-7b9e0029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

雑用係

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。