2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てんぷれ?

朝日新聞社説テンプレートってのをどこかで見たことがあるのですが、
それを基にした社説風文章ジェネレータもあるのでしょうか?

というのも、JASRACのパソコンも私的録音補償金の対象にという話題で
下記の投稿があったからです。

http://slashdot.jp/comments.pl?sid=316380&cid=941909

確かにこれらにまったく権利が発生しないとも言いがたい。
JASRACの言うことにも一理あるだろう。
だが待って欲しい。
そもそもなぜMDに課金したのか?
MDはそれ以上のデジタル複製が出来ない行き止まりの媒体であるが、CDからは無制限に複製でき、またメディアの安さと相まって、他人に配布することが出来た。
これはまさに私的利用を逸脱した複製であり、これらへの補償をMDに実施したことはやむを得ないであろう。
では、HDDはどうか?だれがHDDなどという高価なものを使って配布するだろうか?
HDDはMDと異なり、データを蓄積することを目的としており、用途の違いから同様の課金体制自体に無理があるのではないか?
iPodについて言えば、自身のプレーヤーとしての機能では他への複製はできない。ストレージとしては可能だが、それはHDDそのものである。
これらについて具体的な意見を述べられないJASRACは結局のところ、普段のコメントで「課金できて当たり前。出来ないということは著作権者(と自分たち)が損害をこうむるということだ」と言う様に、「純粋に課金したいという気持ち」で提案している。
このような姿勢が消費者に受け入れられる課金制度を生み出すはずが無く、所詮は課金する側の都合での制度となる。
課金できるのは本来「複製という行為」そのものであって、決して物体ではないということを忘れないで欲しい。


http://slashdot.jp/comments.pl?sid=316380&cid=941568

補償金の対象範囲を広げる事には賛成だ。
同じ音楽複写媒体でも対象になる場合とならない場合があるのは理に適わない。

だが、ちょっと待って欲しい。

対象範囲拡大の前に、補償金制度を廃止してはどうだろうか?
制度そのものがイマイチ理に適わず、社会的な合意が充分だとは言えない。

まず現行の制度を廃止してから、
その対象範囲について議論しても遅くは無いのではないか。
繰り返すが、対象範囲拡大には賛成だ。議論の順序さえ妥当なら、



ぐぐったら、やっぱりあったwww

天声人語風メーカー 朝日新聞社説簡単生成!
http://taisa.tm.land.to/tensei.html

そしてこういうのも。

ジェネレータ集
http://bbb96.exblog.jp/3512973/

……「滝川クリステルジェネレータ」って一体なんだろう?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://choreboy.blog35.fc2.com/tb.php/263-0f3f0777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

雑用係

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。