2017-04

彼の国のニュースから

ちょっと古いですが、こういったことがあったそうです。

■「低品質の韓国製楽器は買うな」…LA小学校の家庭通信文が物議

米国のある音楽教師が2学期の家庭通信文で「楽器の選び方」を説明する際に、「低品質の韓国製楽器は使用するな」という内容を明示し、韓国系の父兄らが強く反発している。

21日にこの学校の一人の父兄が電話で知らせて来たところによると、ロサンゼルスのエバーグリーン小学校の音楽教師であるジョン・ロバート氏は今月12日、A4用紙5枚分の家庭通信文を送った。

この学校の800人余りの児童の90%以上は韓国と中国、インド出身だ。
問題の内容は、「楽器の選び方」という表題の説明書に入っている。
ロバート教諭は、「不幸にも最近出回っている韓国・中国・台湾・インドなどの国々で製造された楽器は、音もまともに出ず故障が多いので、こうした低品質の不良楽器は購入する」と依頼した。と同時にロバート教諭は、「日本のヤマハ製フルート」など各種楽器を推薦した。
家庭通信文を受け取った韓国系父兄らは14日、この学校に直ちに抗議した。

父兄らは、特定国家を名指しして貶めるのが教育上良くないという理由のみならず、韓国など東洋系児童が通う学校でこんなことが起ったという点に憤慨した。
父兄らの抗議が殺到すると、学校側は問題の個所を削除したうえ謝罪文をつけて通信文を再送すると約束したが、20日に受信した通信文は、要求事項が全く反映されていなかった。
このため韓国系父兄らは公式謝罪を要求して署名運動に乗り出し、来週には州の学校区教育委員会の前で抗議デモも起こす予定だ。

対策委員会の関係者は、「通信文を受け取った娘に『パパ、韓国はダメな国なの?』と訊かれて、顔がほてった。再発防止の約束はもちろん、公式謝罪もしてもらう」と語った。

▽ソース

国民日報(韓国語)(2005-09-21 10:44)
http://www.kukminilbo.co.kr/html/kmview/2005/0921/112722877230150000.html


つまり、本当のことを指摘されて逆ギレしているってことだね。

特定国家を名指しして貶め』ているわけじゃなくて、
特定の国で生産される物は使えないものが多い』と言っているだけでしょ。

事実じゃん。


さて、今現在はどうなっているのかなぁ……
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://choreboy.blog35.fc2.com/tb.php/251-0d183448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

雑用係

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん