2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対中

対中国は、だいぶ力がついてきたんじゃないかなと思います。
トップが弱腰だと下も弱腰になるしね。

後継者も弱腰・卑屈にならないよう希望します。

政権発足5年、小泉首相発言の要旨
http://www.sankei.co.jp/news/060425/sei061.htm

 【靖国神社参拝】
 参拝については適切に判断する。今の繁栄が戦没者の尊い犠牲の上に成り立っていることを決して忘れてはならない。戦没者に哀悼の念を表することに、よその国が「参拝してはいけない」と言い、それに日本人が同調するのは理解できない。私は日中友好論者だが、批判する人は「友好のために靖国に行くな」と言う。突き詰めれば「中国の言うことを聞かないとダメだ」ということではないか。
 対立や意見の違いはどこの国でもある。それを乗り越えて話し合いで友好関係を発展させていくべきだ。1つの問題があるから話し合いに応じないというのは理解できない。外国の首脳はすべて私の言っていることを理解している。「小泉さんの言うことは正しい。中国、韓国はおかしい」と。
 もっと議論したいが、最近は国会でも質問が出ない。批判している人も私の真意がだんだん分かってきたのではないか。相手のメンツもあるので、時間はかかるが、将来、「なぜこういう問題で首脳会談をしないなどと、おかしなこと言ったんだろう」と後悔するときが来ると思う。



「靖国」で中国要人と激論 原田衆院外務委員長
http://www.sankei.co.jp/news/060425/sei012.htm

 原田氏は「靖国神社は敬愛されており、首相の参拝は当たり前。中国の批判に圧倒的多くの日本国民と議員は怒りを感じている。中国と同様に日本も誇り高い独立国であって、内政干渉に屈するのは断じてできない」と中国側の再考を促した。



中華思想
http://ja.wikipedia.org/wiki/中華思想

中国が世界の中心であり、その文化、思想が最も価値のあるものとし、漢民族以外の異民族を、「化外の民」として見下す選民思想の一種。華夷思想ともいう。


福田康夫が官房長官時代に中国に配慮して「上海領事館外交官自殺問題」をもみ消したとか、
「日本国憲法の改正には中国様の理解が必要」と発言したとか、
二階経産相が「中国への円借款は重要な両国の交流方法。継続すべきだ」と発言したとか、
これが中華思想の持ち主の証ってことですか?(Y/y)
福田と二階は、そもそも国政に参加してはいかんと思う。

もう中国に対する余計な配慮はいらないってば。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://choreboy.blog35.fc2.com/tb.php/244-9b3f2a3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

雑用係

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。