2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保護が必要?

在日朝鮮人と生活保護について。

生活保護を受けている割合。

日本:約100人に1人(124万/1億2600万)
在日:約20人に1人(2万7千/55万3千)
平成14年度の資料による



だそうです。
厚生労働省のサイトで確認しようと思ったところ、別の資料が見つかりました。
白書等データベースシステムにおいて「在日朝鮮人」で検索すると……
http://wwwhakusyo.mhlw.go.jp/wp/index.htm

在日朝鮮人の帰還問題

昭和34年度

なお、ここで引揚者問題とは異なるが、現在問題となつている在日朝鮮人の帰還問題について少しくふれてみよう。
在日朝鮮人の終戦処理に伴う集団帰還は、韓国関係については昭和二一年末、北朝鮮関係については二二年六日もつて完了し、その後も帰還希望者に対しては二五年五月まで、日本政府の負担において帰還業務を行ない、「これ以後の帰還は本人の責任と負担で行なうことを要する。」旨の再三の警告のもとに、政府の業務は終止符をうつに至つた。
したがつて、現在の在日朝鮮人は、本人の自由意思で日本にとどまつた者といえるのである。



昭和47年度

34年8月に,日本赤十字社と朝鮮民主主義人民共和国赤十字会との間において締結された「在日朝鮮人の帰還に関する協定」は,42年11月12日に終了したが,その後の措置について,日朝両赤十字間で協議した結果,46年2月5日合意に達し,帰還業務が再開された。
46年5月から10月までの6か月間に,6回にわたり377世帯1,081人が北朝鮮へ帰還し,これをもつて旧協定の残務処理は終了した。
旧協定による帰還者とあわせ,26,050世帯89,692人の在日朝鮮人が北朝鮮へ帰還したことになる。
なお,この事業に要した経費は,政府が日本赤十字社に対し補助金として交付した。



帰れる時に帰らずにいたのは自由意志ってことでケテーイ?。
こんなんで謝罪と賠償とか要求するなってーの。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://choreboy.blog35.fc2.com/tb.php/170-ba7c12e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

雑用係

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。