2017-03

価値観

日記の果て。より
http://moyatto.org/%7Eoku/diary/

他人がどうでもよくなる

なぜか年をとると、他の人の価値観がどうでもよくなる、と。どうでもよくなるとは、こう自分と異なる価値観を認めるとか認めないとか以前に、それについてどうでもよくなる、と。昔は異なる価値観に反論したり自分のゾーンに納めようというエネルギーがあった。世界を自分フォーマットにできるという自信があったのだろうか。25歳ぐらいまではあった気がする。何歳まであったかはおねしょみたいなもんだ。
なんでどうでもよくなったのだろう。学校とか閉鎖社会を出て、世界の広さを知って、どうにもならないほど千差万別だったからだろうか。自分以外の価値観を恐れる弱さがあったからだろうか。とにかく実害がなければ価値観の問題はどうでもよくなってきた。

どうでもよくない人たち、とその考察

ネットでは面と向かっていないからか、どうでもよくない人たちがすごい暴れっぷり。AはBのファッションセンスを「オタク」と蔑み、BはAの頭の悪さを軽蔑するような、そんなループ。
それって醜いと思うでしょう?でも最近それってどうなのかなと思うんだよね。みんな自由でいいじゃんっていうのが一見オトナスタイルで好まれるんだけど、他人の価値観に平気で不合理でもなんでも口を出しちゃう人とかがいなくなったら、みんな孤独になるんじゃないかと。最近は隣の家の子供を叱らなくなった、みたいな話に似てるけど。
誰かの相談を受けるとしよう。君が思うとおりにするのが一番いいよ、とか、君が真剣に考えて出した結果ならどれでもきっと正しいよ、とか。一見キレイなんだけど、こんなんばっかだったら、なんか寂しい気がする。思ったとおりのことをそのまま吐くには功罪あるけど、それに救われることだってきっとあるんじゃないかと。
そう思うとね、やっぱり人の価値観がどうでもよくなったのって、強くなったんじゃなくて、面倒くさくなった、もっと言えばエネルギーが減ったんだなって思うね。



「価値観を認める」と「価値観がどうでもよくなる」は全くの別物だと思います。

価値観を認めることは、例えば恋愛の相手や家族のことだと非常に重要ですよ。
「人の価値観がどうでもよくなった」といっても、好きな相手の価値観は認めるし。

価値観がどうでもいい人って、逆に言えば居なくてもいい人だったり。

分別がつくとか面倒だという側面もあるとは思いますが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://choreboy.blog35.fc2.com/tb.php/112-af1d62bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

雑用係

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん