2007-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Buffalo Buffalo buffalo(以下略)

有名な英文だそうです。
判りますか?

Buffalo buffalo Buffalo buffalo buffalo buffalo Buffalo buffalo.


Excite翻訳でもちゃんとした訳は出てきませんでしたwww

全文を表示 »

スポンサーサイト

実名報道をwww

もっと具体的に名前を出して糾弾したほうがいいんじゃないですかね、朝日新聞とか毎日新聞とか。

産経抄:3月29日分
http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/sankeisho/070329/sks070329000.htm

 日本一の無責任男・植木等さんが、「延命措置は要らない」と格好よくあの世に旅立っていった。80歳の天寿を全うされたのだから、「ご苦労さん!」と送り出したいところだが、わかっちゃいるけど何とも淋(さび)しい。

 ▼ 「スーダラ節」が大ヒットした昭和30年代後半、サラリーマンや労働者が「勤勉でまじめ」なのは当たり前だった。だからこそ「肩の力を抜いて適当に生きようよ」というメッセージが大いに受けた。本当はまじめな植木さんとクレージーキャッツは、高度成長時代のビタミン剤だった。

 ▼戦争と焼け跡闇市時代を体験し、テレビの草創期を知る芸能人はもう数えるほどになってしまった。昭和がどんどん遠くなっていくのも致し方ない。だが、「昭和」はいま、海外メディアの偏見と捏造(ねつぞう)報道で汚されようとしている。

 ▼その象徴が慰安婦問題である。千葉市に住む82歳のKさんという方からお便りをいただいた。またぞろ蒸し返されている慰安婦問題を嘆き、「従軍慰安婦という呼称はない。慰安所は軍ではなく、業者によって運営されていた」と証言されている。

 ▼さらに終戦直後、頻発した進駐軍兵士による婦女暴行事件が検閲で報道されなかったこと、東京・小岩付近にあったという「東京パレス」と呼ばれた売春宿が米兵士相手に殷賑(いんしん)を極めたことなどが具体的に詳しく書き綴(つづ)られていた。

 ▼Kさんは「進駐軍の相手をさせられた彼女たちもまた戦争の犠牲者といえるのではないか。当時の真実を知る者、体験者もあと数年もしたら消え去ります」と訴える。海外メディアだけではない。慰安婦と拉致を同一視するかのような言説を平気で書く日本の新聞もある。事実に基づかない歴史を捏造する無責任さは許されないはずだ。


無責任といえば朝鮮だったりしますが……:-)

全文を表示 »

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

雑用係

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。