2007-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理テスト・寝間着編

BIGLOBE定期メールより。

パートナーや気になるあの人の顔を思い浮かべてみてください。
その人が寝るときに着ているものは、次のうちどれだと思いますか?

   A:パジャマ
   B:ホームウエア
   C:Tシャツとズボン
   D:下着のみ



パジャマですね。
夏はCかもしれませんが、ってかCですが。

全文を表示 »

スポンサーサイト

少しは政策で対抗したらどうなのか

政治家とは、相手方のスキャンダルを探して攻撃するのがお仕事なのでしょうか?

野党幹部の「ホテトル買春」疑惑 (ゲンダイネット)
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/hakuo_yanagisawa/story/04gendainet02030431/

 柳沢厚労相の辞任は時間の問題だが、自民党は「どうしたら、安倍政権へのダメージを軽くできるか」と思案中。そこで浮上しているのが、野党幹部の“スキャンダル”との相打ち作戦だ。

 いま永田町でヒソヒソ話題になっているのが、柳沢発言を追及する野党の最高幹部の「ホテトル疑惑」だ。

「野党幹部がホテトル嬢を買った。値切ろうとしてトラブルになっている――といった内容の話を名指しで情報誌が書いて、それが政界にパッと広がっているのです。真偽のほどは不明ですが、その野党幹部が重要会議を欠席したこともあって、“もしかして”と、マスコミも確認に動き回っているのです」(政界事情通)

 この幹部議員の事務所は「根も葉もないこと」と全面否定だが、こんなオイシイ話を政府・与党が利用しない手はない。

「いま自民党が頭を抱えているのは、柳沢大臣を辞めさせるのは仕方ないが、何も“見返り”がないということです。本予算や重要法案の審議はこれからなので、成立と引き換えもできない。このままでは安倍内閣は一方的にたたかれ、丸損でしかない。となると次に考えるのは、野党のスキャンダルを出してダメージを相打ちにしようということです」(自民党関係者)

 もちろん与党サイドだって、ウワサ話をいきなり国会対策の席上で持ち出すことはない。民主党の「偽メール事件」の二の舞いになりかねない。

「ホテトル疑惑をちらつかせて、それで野党3党が疑心暗鬼でバラバラになったり、柳沢大臣辞任後の安倍首相追及の手が緩まれば“御の字”というところでしょう」(前出の関係者)

 与野党の間でどんなウラ取引が始まるのか、要注意だ。



全文を表示 »

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

雑用係

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。