2007-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比喩の是非とマスコミ報道

「女性は産む機械」と言ったそうです。
様々な団体やマスコミが「女性は機械ではない」と抗議しています。

マスコミは「安打製造機」と言ったり(イチロー他)「精密機械」と言ったり(野球の投手)「薔薇のよう」と言ったり(綺麗な女性)していますが、今まで問題としてこなかった表現を他者がしたからといって避難するのはどうなのでしょう?
機械に喩えられたり植物に喩えられたりするのは良いのでしょうか? それなら今回もOKですよね。
マスコミが喩えるのは良くて、他の人が喩えるのは駄目なのでしょうか? 典型的なダブルスタンダードですね。

全文を表示 »

スポンサーサイト

ぽら

ちょっと使い勝手は悪いと思ったのですが、写真印刷用カラープリンタの需要があることを考えると、結構ヒットするのかもしれません。特にセキュリティ関連とかで。

インクのいらないプリンタなど、画期的な新製品が続々登場
http://japan.internet.com/busnews/20070202/11.html

Zink Imaging は、この展示会で最新のアイデアを利用した製品を発表した。Polaroid の技術から生まれた『Zink』(zero ink) は、インクを使わない印刷を可能にする技術だ。Zink Imaging が開発したのは、同社が特許を持つ色素粉末の層をポリマーの保護層でコートした特殊な紙で、プリンタの熱だけで画像を再現できる。

Zink Imaging では、Zink 対応製品を2007年後半に発売することにしている。発売する製品の中には、10枚程度の破れにくい防水タイプの Zink 用紙をセットできる小型プリンタを内蔵した、7メガピクセルのデジタルカメラもある。なお、用紙は1枚あたりおよそ20セントで発売される予定だ。


ポラロイドの技術ということで、写真の技術を応用したのですね。
記事にもありますが、特殊な紙が必要ということで、紙の単価が普及率に影響しそうです。

ポラロイドがすぐに見えるようになるのは、拡散転写法による画像形成を行っているからだそうです。
よくわかりませんが、今回はこれを熱でやったということでしょうか。
詳しい情報はどこかにないだろうか……

全文を表示 »

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

雑用係

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。