2006-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗因分析

2006年サッカーワールドカップの反省が出てきました。

調整失敗、初戦敗戦で暗転 日本協会がW杯敗因を分析
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=spot&NWID=2006110801000692

 日本サッカー協会の田嶋幸三専務理事(前技術委員長)は8日、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会を総括する技術報告書について記者会見を行い、1次リーグで敗退した日本代表の敗因について「調整の失敗」「初戦を落としたダメージ」などの理由を挙げた。
 日本協会がW杯ドイツ大会での日本代表の戦いぶりについて公式の場で見解を示すのは初めて。同専務理事はW杯開幕前に開催国ドイツと2-2で引き分けた親善試合に調整のピークがきてしまったことが誤算だったとし「第1、2戦ともコンディションが悪かった」と分析した。さらにオーストラリアとの初戦の重要性を強調されるあまり、終盤の衝撃的な逆転負けで「選手のダメージが大きく、3戦を通して戦うというイメージができなかった」と敗因を挙げた。


自らの商売のみの為に目先の勝利に一喜一憂していたマスコミ、長期的な視野が無く自分の理想を押しつけるのみで育成も戦術指導もしなかった監督、駄目だと判っていても監督を交代させなかった或いは駄目だと判らなかった協会、招集及び出場選手の固定化による非レギュラー選手のモチベーション低下、ゴール前でシュートではなく敵にパスしたY沢選手(FW)、あたりが敗因にあがってないのですが、華麗にスルーですか?

全文を表示 »

スポンサーサイト

盗賊が狼狽

ポイント。

日本(の農家)から種苗を持ち出す

南朝鮮で大規模生産に成功、輸出開始

南朝鮮が国際植物新品種保護連盟(UPOV)に加盟

品種改良を行い権利を持つ者にロイヤリティ支払い義務発生

払う金がない! ← 今ここ

素直に支払い、または、支払い引き延ばし、または、UPOV脱退、または、生産中止、または、南朝鮮裁判(=インチキ)でなんとかする

さて、どういったアクションをするのでしょうか?

全文を表示 »

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。