2006-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の振り見て我が振り…直せるわけ無いな

北朝鮮のミサイル発射に関するニュースがありました。
# 載せるの忘れてた。

<脅迫文>朝鮮総連議長あてに届く 封書に人間の小指も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060920-00000115-mai-soci

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)は20日、東京都千代田区富士見にある中央本部の徐萬述(ソマンスル)議長あてに、脅迫文と人間の小指の入った封書が送りつけられたと発表した。相談を受けた警視庁麹町署は、脅迫などの容疑に当たる可能性もあるとみて調べている。
朝鮮総連によると、脅迫文は、「天(てん)誅(ちゅう)」として、北朝鮮のミサイル発射に抗議し、拉致問題の早期解決を求める内容で、手書きで3枚に記されていた。また、指はガーゼにくるまれていた。消印は鹿児島県内で、差出人は「薩州思想舎侠勇会会長 福元善隆」と書かれていた。16日に中央本部に届き、19日に麹町署に相談したという。
朝鮮総連は「日本当局による敵対的措置が日増しにエスカレートする中で発生した許しがたいテロ行為」などとする南昇祐(ナムスンウ)副議長の談話を出した。


全文を表示 »

スポンサーサイト

アソさん

ウルトラマンガタロウが人気を博しているそうですね。
http://www.geocities.jp/project_p_plus/

たしかに見ていて面白いと思いました。
そんなネットと麻生さんについての記事が。

「2ちゃんねる」と麻生氏 エールを交換
http://www.j-cast.com/2006/09/21003057.html

2006年9月20日の自民党総裁選後も、ネット上での「麻生太郎フィーバー」が止まらない。総裁選後に行われたネット投票でも、麻生氏がダントツの1位だ。その背景には、麻生氏が「マンガオタク」であること以外に、「ネット市民」に対して理解を示すような発言を繰り返していることにもありそうだ。
(snip)
例えば、9月19日の記者会見では、このように「ネット社会と自分との距離の近さ」について述べている。
「インターネットに参加している人達と麻生太郎というのは多分結構においが似ているんですよ。なんとなく意味をわかってくれそうな、総務大臣もやったということもあるだろうし、あまりその種の話をはねてしまうのではなく、その人達と話が通じると思われる」
さらには、総裁選直後に出演したテレビ朝日の番組では、
「ネット社会では直に反応が伝わってくる。反応がいい」
とした上で、こう続けた。
「インターネットで育った、もしくは2ちゃんねるで育った世代がさらに大きく成長してきた時というのは、また別の社会現象みたいなものが出てくるのかなぁと思いますし、速い反応が、何となく偏った世論調査とは違って、いわゆるネットが普及してくるとオンラインでつながっていくというのは世論を知る上で大きなものだと私はそう思います」
「2ちゃんねる」という言葉が現職閣僚の口から飛び出すのも異例だが、「既存のマスコミが行う世論調査は偏ったものだが、ネット社会ではそうではない」という発言の趣旨が、ネット市民の大半が持っている意見と通じるものがある、ということのようだ。
2ちゃんねるなどをざっと見ても、やはり、この発言に対しては好意的な声が多い。
「2ちゃん世代が上に立ったら、それこそ楽しみな世の中になる。 今までのマスゴミや工作員の作ってきた嘘がどんどんはがれ落ちる訳だ」
「2ちゃんねらーを重視する初の宰相候補 塩じぃ同様裏方の策略だろうが目の付け所は立派 味方につけたほうが長期的には有益だろうな」
その一方で、こうクギをさす発言もあった。
「2ちゃんに媚びるのかw」


前々から2chで人気の漫画を読んでいたり、特定アジアに対する媚びない外交姿勢で人気はあったのですが、靖国参拝や自民党総裁選で更に人気が出たようです。
安部自民党総裁が首相で麻生さんが外務大臣に再任されると、特定アジアとの関わりをメインに非常にwktkするのですが、実現しないかなぁ……

全文を表示 »

狙いはGoogleNewsじゃない?

罰金で1日100万ユーロってすごいですね。
1ユーロ148円として、1億4800万円ですか。

ベルギーの裁判所、Google Newsは著作権侵害との判決
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0609/19/news078.html

 世界最大の検索エンジンである米Googleはベルギーの裁判所により、フランス語の日刊新聞サイトからの記事の引用の中止を命じられた。オンラインでは一般的なこうした慣行を著作権侵害と判断するのは、これまでにない厳しい判決だ。

 Googleに対する申し立ては、ベルギー国内でフランス語とドイツ語の出版物の著作権を管理する団体Copiepresseによって行われたもの。

 裁判所の判決は9月5日に言い渡された。Copiepresseの総務マーガレット・ボリボン氏によると、この判決はGoogleに対し、9月18日の時点で命令に応じない場合は、日額で100万ユーロ(130万ドル)の罰金を支払うよう命じている。

 18日朝の時点で、GoogleのベルギーのWebサイトではまだ、La Derniere HeureやLa Libre Belgique、Le Soirなどのベルギーの日刊各紙の記事へのリンクや要約を見ることができた。

 Googleはこの判決を不服とし、控訴する構えだ。同社はその後、news.google.beから新聞各紙へのリンクを取り除いたと語っている。ほかの国のニュースサイトからも、そうしたリンクを外す作業を行っているところという。

 ボリボン氏はReutersに次のように語っている。「われわれはGoogleに対し、われわれのコンテンツを使用するための許可を取り、その料金を支払うよう求めている。Googleはわれわれのコンテンツを使って広告を販売し、利益を上げている」

 各国のGoogle Newsサイトには広告は掲載されていないが、Googleの検索結果には広告が含まれ、ときには、ニュースの見出しへのリンクが含まれる場合もある。

 ボリボン氏は欧州各国の当該団体にも、今回の判決の内容を知らせる方針という。そのほかの欧州諸国でも、同じような判決が下される可能性がある、と同氏。


これだけ見ると、最近よくある著作権に関する裁判記事なんですが……
「Googleはわれわれのコンテンツを使って広告を販売し、利益を上げている」とありますが、GoogleNewsに広告はないんですよね。

全文を表示 »

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

雑用係

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。