2006-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因は自国製の辞書

「中国狗」ってのは中国人に対する悪口だそうです。
中国から「小日本」「鬼子」「日本鬼子」とか言われたら「中国狗」と言い返せばよいということですね。:p

NEC 中国向け携帯電話で大騒動
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2375562/detail?rd

 NECが中国で発売した携帯電話をめぐり、とんでもない騒動が起きている。ナント、携帯にあらかじめ登録された内蔵辞書の中に、中国人への侮蔑用語が混入。「中国をバカにしているのか!」と反日感情の火に油を注いでいるというのだ。

「ある利用者がNECの携帯で文字を入力したところ、ビックリ仰天。変換候補の中に『中国狗』という言葉が出てきたのです。この言葉は日本人に対する『日本鬼子』と同じように、中国人への蔑称です。彼は激怒して携帯を壊そうかと思ったが、地元のマスコミに知らせたそうです」(現地ジャーナリスト)

 複数の中国メディアが22、23日に報道。香港紙「成報」は「NECの中国法人が『たしかに、そういう単語が収録されていた』と回答した」と伝えている。ネット上では大騒ぎだ。

 先月はシャープ製の携帯で「みられまくっちゃ」と入力すると不正再起動する不具合が見つかったが、こちらは反日暴動にもつながりかねない悪質な欠陥だ。一体、どういうことなのか。

「04~05年に発売した携帯電話で、中国のソフト会社『金山詞覇』製の翻訳ツールが搭載されている機種が不具合を起こしていました。このソフトを搭載している他社の携帯でも同じ現象が起こります。現在、ソフトは修正されているようですが、NEC端末では数機種が発売され、一部の機種はまだ流通している可能性もあります。金山社はこの件に関して、声明文を出しています」(NEC広報担当)

 このソフト会社によると、翻訳ツールの語彙は中国で出版されている辞書「英漢辞典」から収録。作業を進める中で何の編纂も加えなかったために起きたという。NECにとってはトバッチリだったか……。



全文を表示 »

スポンサーサイト

「ボーリング=穴掘り」キャンペーン

以前ネタにしたボーリングキャンペーンの件について。

一人「ボーリング=穴掘り」キャンペーン
http://choreboy.blog35.fc2.com/blog-entry-378.html

今日来た案内メールでは、「ボウリング」になっていました。
ツッコミ多数だったのでしょうか。:-)

韓国映画「グエムル」と日本アニメの恐るべき類似点

人気があるそうですが、やっぱりというかなんというか。

映画「グエムル」、ネチズンの間で日本アニメひょう窃疑惑拡散
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=79530&servcode=700§code=730

映画「グエムル-漢江の怪物」が日本アニメをひょう窃したという疑惑がインターネット上で広がっている。 その日本アニメとは「機動警察パトレイバー」劇場版3作目の「廃棄物13号」。 日本の有名アニメ監督、高山文彦氏の02年作だ。
インターネットサイト「DCインサイド」「エンジョイジャパン」などの掲示板で始まったひょう窃論議は、映画「グエムル」が日本に公開されながら日本ネチズンにも広まった。

ひょう窃の争点になっている部分は「怪物の風貌」と「設定の類似性」。
「DCインサイド」掲示板であるネチズンは「怪物デザインの類似性は無視できない」とし「全体的な風貌と退化した後ろ足、背中の寄生魚などが、映画『グエムル』と『廃棄物13号』の怪物で似ている」と主張した。
また「化学物質によって怪物が誕生するという部分と怪物が誕生する場所が都心の川(東京湾)という点、そして化学物質の原因が米国という反米コード、怪物を探すために登場する地下道の地図、怪物退治場面など相当部分の設定が『廃棄物13号』と重なる」と説明した。

しかし‘ひょう窃主張’に対して‘とんでもない’という意見も多い。アニメ「廃棄物13号」を見たというネチズンは「両映画を見れば『グエムル』が『廃棄物13号』をひょう窃したなどとは絶対に言えないはず」とし「キャプチャー写真だけでひょう窃を論ずるのはナンセンスだ」と主張した。
ブロガー‘アルフォンス’は「『グエムル』と『廃棄物13号』には巨大警察ロボットが登場しないという根本的な違いがある」とし、「公権力の象徴である警察が『廃棄物13号』では猛活躍するという点、怪物の誕生が偶発的な事故でなく計画的な飼育という点、そして怪物退治のために怪物をスタジアムに誘引する点などが違う」と主張した。
ブロガー‘ホンイ’も「ひょう窃疑惑が提起される部分は怪獣映画で見られる典型的な手法」と説明した。 映画「グエムル」は2日に日本で公開された。



全文を表示 »

«  | HOME |  »

暴魔共和国トピックス

プロフィール

Author:雑用係
知識の泉 Haru'sトリビアより。

●喫煙者
●スポーツマン
●デートの多い人
●強迫傾向あり
●受身的
●罪悪感が強い
●秩序の欲求
●非飲酒者
●服従的
●自己を卑下する
●社会的に抑圧されている
●辛抱強い
●上流階級
●内向的な人

デートの多さと上流階級以外は
当たっているかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

くろこさん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。